屋根押さえ水切りの釘が・・・・

屋根の塗装

 こんばんは。府中市紅葉丘の塗装店 三商事(さんしょうじ)の上神谷(かみかべや)です。
 ようやく今日、ニュースレターの発送ができました。
  ニュースレターって何・・・?という方は、こちらをクリックしてください。
 今日は、とてもすがすがしい陽気でしたね。
 とても、涼しく快適でした。まるでもう秋なのでは・・・なんて感じでした。
 ですので、屋根を塗っていても、とても快適でした。
 屋根押さえ金物の釘が・・・その1

 こちらは、先日親方が塗装した、コロニアル屋根の大屋根の様子です。
 コロニアルの屋根の場合、屋根を押えるのに、このように鉄板があります。屋根の重なりの部分(てっぺんなど)山になっているところにあります。これは釘で止まっているのですが、塗り替えの時期になると(10年ぐらい経つと)、ほぼこのように釘が飛び出てきてしまいます。
 長い間、放置されているわけですので、いろいろな要因から、このように出てきてしまうわけですが、塗装するときはこのようなところもチェックして、かなづちで、打ち直してから、塗装をします。
 その2

 打ち直した様子です。
 これをこのまま放置しておきますと、やがて本当に釘が抜け落ちるか、そこにあっても“効いていない状態”になってしまいます。
 前に一度、このような状態を放置していたお家があり、この屋根を押えている鉄板が
 「風でめくれ上がって」
 しまったお家があります。
 本当にめくれ上がって、“直立”していました。
 お客様に依頼され、そのお客様の知り合いのお家でした。
 
 おりしも、その日、雪が降ってきてしまい、その中で親方と直したのを覚えています・・・・。
 次回に続きます・・・・。
 ☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 「塗装工事、外壁塗装など、お家の塗装について、毎月書いています
 ニュースレター おまかせください!の購読お申し込みは
 まずこちらをクリックして読んでください。
 
先日、再び第3位!になりました!いつもご覧頂きありがとうございます。
  引き続きランクアップの応援をお願いします!!!どうぞ、よろしければぜひ、クリックしてください。〈下のバナーです〉

 ビジネスブログランキング 応援のクリック御願いします!!!

無料でお見積りに伺います!お気軽にお問合せください

電話番号 042-365-1402
(受付時間 AM8:00~PM7:00)平日、土日祝日とも一緒です。
メールでの方は下記のフォームから必要事項をご記入の上、送信して下さい。

メールでのお問合せはこちら
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧