「吹きつけ」でやるの?

外壁塗装

 こんばんは。今日は本当に暖かかったですよね。
 私はトタンの屋根のサビ止めを塗っていたのですが、暑いの何の・・・?
 “足の裏”まで暑くなって(・・というより“熱く”)なってしまいました・・・・。
 府中市紅葉丘の塗装店 三商事(さんしょうじ)の上神谷(かみかべや)です。
 いつも、ごらん頂きましてありがとうございます!
 今回は飛散防止シートのお話・・・。
 飛散防止のメッシュシート

 外壁塗装に欠かせないものが、この「飛散防止のメッシュシート」です。
 壁面などを塗装するとき、その塗料が飛散しないように、メッシュ地のシートを張るわけです。
 よく「“吹きつけ”でやるのですか?」というご質問をお客様や、そのご近所の方から、聞かれます。
 塗装と言えば“吹き付けるもの”というイメージがあるのでしょうか?
 新築の家に、あたらしく塗装を施すときは、吹きつけを行っているのを見かけます。
 簡単にいうと「機械や、ガン機(塗料が噴射する部分)などに塗料を充填し、それを噴射させて、行う塗装」です。これで様々な「模様」をつけたりする場合もあります。
 よく自動車の修理やさんなどでシューッとやっているのも見かけますが、あのような感じです。
 しかし、これですと「飛散」の問題がでてきます。霧状等に噴射された塗料は、すべてが壁面に対し、吹き付けられればいいのですが、そうならなかったものは(噴射したうちの6から7割くらいは・・と聞いたことがあります。)空中に飛散してしまいます。
 これはもちろん地域差にもよるのでしょうけれど、私の住む、この府中市というところは、家が密集しているところも多く、吹きつけ塗装をするには、近隣の皆さんへの影響が心配です。
 たとえ、そこに家がなくても、隣は畑だったり、駐車場だったりすれば、作物や自動車への心配も出てきます。また、そうであることが多いのです。
 ですので、当店の場合はどちらかといえば、吹きつけ塗装ではなくローラー工法での塗装が多いのです。
 これですと、ほとんど飛散はしません。でも・・・「まったく」といわけでもない」のです、ローラーでも。
 ですので、その飛散を防ぐ為にこのシートを張るわけです。
 次回、もう少し続けたいと思います。
 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
 前回、前々回に引き続きお知らせです・・・・。
 この時期、外壁塗装工事をお考えの方が、多くなるのはご存知でしょうか?
 季節がらでも人気がありますし、何よりこの先「梅雨」というお家にとって、とても「ダメージ」のある時期も控えています。
 そのようなことから、お考えになる方も多いのです。
 ご覧になられているあなた様は、いかがお考えですか?
 もし、
  「うちもそろそろ・・・」
  「どうしようかな・・・」
  「気にはなっているんだけど・・・そういう話って、でるけれど
  すぐ立ち消えになっちゃうんだよね・・・」
 と、外壁塗装にご興味のある方、まずはご相談から、お伺いいたします。その上で、もし必要なら御見積りをさせていただきます。
 
 
 もしお考えなら、ここをクリックしますと、御見積りのお申し込みができます。(記事も読んでくださいね)
 ぜひ、お待ちしております!

 
 皆様、本当にありがとうございます!!
 ビジネスブログランキング 
 どうぞ、ひきつづき応援のクリックをよろしく御願いします!!!
(上のバナーです)
 
 

無料でお見積りに伺います!お気軽にお問合せください

電話番号 042-365-1402
(受付時間 AM8:00~PM7:00)平日、土日祝日とも一緒です。
メールでの方は下記のフォームから必要事項をご記入の上、送信して下さい。

メールでのお問合せはこちら
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧