クラックの処理の仕方

外壁塗装

 こんばんは。
 府中市紅葉丘の塗装店 三商事の上神谷〈かみかべや〉です。
 暖かい日が続きますね。今日の夕方なんかは、普段は少し寒いのですが、特に暖かく感じました。
 明日は、どうやら雨とのこと。
 そのせいかもしれませんね・・・・。
 ここのところ更新が滞ってしまってました。
 今、作成中の御見積りが2件ありまして〈うれしいです!ありがとうございます!!〉
 それにかえってからの時間は費やしてしまっていました。
 一軒は先日もこちらで書きましたが
 「このブログをご覧になって」という方。
 もう一軒は、私のお送りするニュースレターをいつもご覧になって、いらっしゃる方です。
 どちらの方も、本当にうれしいお話です。
 本当にありがとうございます。
 さて、前々回の記事で「モルタルの壁面のクラック」について書きました。
 〈ご覧になっていない方は、どうぞ、こちらをクリックしてください〉
 今回はその処理の仕方を少し書きます。
 まず、このクラックですが、細いものや太いもの、お家によってその症状は様々です。
 処理の仕方は症状によって・・・変わってきますが、細いものでしたら、
 外壁塗装に使う「微弾性フィラー」という材料を塗装したことにより、埋まってくれます。
 通常はこの材料、下塗として「1回」塗装するわけですが、クラックが
あまりに著しい場合は、その壁面に「2回」塗装するときもあります。
 太いものでしたら、これだけでは埋めきれない場合もあります。
 そのようなときは、そのクラックにシーリングを充填したりする場合もあります。
 ただ、充填したあとですが、そのままですと、仕上がりが悪い。いかにも
 「充填しました」という感じに仕上がってしまいます。充填しているところと、そうでないところが、はっきり分かれてしまうからです。
 ですので、充填しているところとしていないところの境を手で、
ぼかしたりします。
 今、ご紹介した2つ施工の仕方から見てもお分かりかと思いますが、
症状が軽い場合は「微弾性フィラー」を塗装する、重い場合は、シーリングを充填し・・・となります。
 症状の違うものを同じようにきれいにするには、症状の重いほうが、それだけ、
 「手間がかかる」
 と、いうことになります。
 この施工の方法でも、どうなるか・・というクラックもあったりもしますが、その場合はもっと手間がかかります。
 これは、壁面だけでなく、すべての箇所にいえることです。
 症状の軽いうちに手を施しておけば、手間がかからずにきれいになる。放置してしまったがために、ある程度の手間をかけざるをえなくなってしまう・・・。
 この違いはお客様の支払う工事代金に、反映してくるわけです。
 外壁の塗装などを早め、早めにやったほうがいいという理由には、このようなことが関係してくるせいもあるわけです。
 きっと・・・もう1位の座から転落・・・・
 どうなっているでしょうか・・・?
 ビジネスブログランキング 応援のクリックをどうぞよろしく御願いします!!!
 
 

無料でお見積りに伺います!お気軽にお問合せください

電話番号 042-365-1402
(受付時間 AM8:00~PM7:00)平日、土日祝日とも一緒です。
メールでの方は下記のフォームから必要事項をご記入の上、送信して下さい。

メールでのお問合せはこちら
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧