外壁10年後どうなる?府中市の塗装業者が塗った13年後をお見せします!

お客様からのご質問, 三商事って、こんな店, 三商事について, 外壁塗装をするに当たっての細かい事柄

府中市紅葉丘の塗装店 三商事(さんしょうじ)の上神谷(かみかべや)です。

いつもブログをおよみいただきありがとうございます。

今回は「府中市の外壁塗装業者がチェック! 13年前に塗った外壁は今どうなっているのか?」というテーマでお話して行きます・・。

当店のお客様のお宅の外壁です。前回塗装後10年以上が経っていますので、具合を見がてら、再度の塗り替えのお誘いに行きました。(結局はお留守でしたけれど・・)

 

2007年に塗りました・・・。

2007年に塗りましたサイディグという種類の外壁材です。これとは対象的に「モルタル」の外壁もありますが、どちらかと言えば、この「サイディング」という外壁材の方が汚れはつきづらいです。

このようにほぼスッとしているというか・・・派手な凹凸がないので汚れが引っかかりずらいのです。

モルタル壁はサイディングに比べると、凹凸がはっきりしているものが多いです。ですので汚れが引っかかりやすいのです。

 

このサイディグの外壁は塗装後13年経過しています。 メンテナンスサイクル10年という塗料ですから、3年余分に経過しているわけです。

かといって、ベロベロに剥がれているわけではありません。メンテナンスサイクル○○年・・というのは「そこまで来たら少し艶がなくなってきたかな・・?というか・・・。そのくらいの傷み) ですね。

 

この動画からはわかりづらいですが、色むらはほとんどありません。

13年経っていますので、下手な塗り替えでしたら、色むらが激しいのですが、下塗りもしっかり入れて塗りましたので、そういったことはありませんでした。

ただ・・水性のウレタン塗料ですので、やはり艶はもう引けてしまっています。そしてこの動画でも示したように「チョーキング」を起こしています。

これは「チョークを手に持ったときのように、手が粉粉になる」ことをいいます。塗料の防水機能がもうその役目を果たしてしまった・・という証拠になります。これが出たら、やはり塗り替えのサインです。

これが「シリコン」でしたら、この時点でもう少し艶があるかもしれません。

ウレタンのワンランク上の樹脂となります。

 

一口にシリコン樹脂といっても各塗料メーカーのなかでも色々な種類がありますし、ランクがあります。

今は「一度塗装したら、できるだけ長く持たせたい・・」というご希望のお客様が増えていますし、塗料メーカーもその方向で品揃えをしています。

 

シリコンといってもあまりお勧めできないのが・・・

「単層弾性塗料」というものです。シリコンの樹脂ですがメンテナンスサイクルが長くありません。長くても10年です。

確かに少し前までは主流でしたが、今はもっと性能の良い塗料が出来てきていますので、そちらに切り変わっています。

値段も抑えめでしたが、やはりメンテナンスサイクルが短い・・ということがありますので選ばれずらくなっています。

 

先のサイディングを塗装した13年前は主流でしたが、動画のサイディングを塗ったウレタンの方が

塗料の値段が高かく、長持ちする塗料です。ウレタンとシリコン・・樹脂としてはシリコンの方が上ですが、

この場合は少し違うわけですね。このウレタンよりも性能のいい「シリコン」もあれば、性能の悪い(単層弾性のシリコン)

もあるわけですから、ややこしいです・・・。

 

・・動画を交えた記事をご紹介するのも面白いですね・・。今度またやってみようと思います。

では今回はここまでです。 また次回もよろしくお願いします。いつもお読みいただきありがとうございます。

この記事を読まれた方は、こちらの記事もお読みいただいています。

私が塗装屋さんなった本当の理由とは・・・?初告白です・・。

府中市の外壁塗装業者が「本当に気をつけて欲しい塗装業者」の見分け方をお伝えします。

外壁塗装の足場の為にカーポートの屋根をはずさないといけませんか?

 

 

無料でお見積りに伺います!お気軽にお問合せください

電話番号 042-365-1402
(受付時間 AM8:00~PM7:00)平日、土日祝日とも一緒です。
メールでの方は下記のフォームから必要事項をご記入の上、送信して下さい。

メールでのお問合せはこちら
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧