外壁塗装 塗り替えの目安は?耐久年数で何年経ったら塗り替えた方がいいのでしょうか?

外壁塗装

  • HOME
  • ブログ
  • 外壁塗装
  • 外壁塗装 塗り替えの目安は?耐久年数で何年経ったら塗り替えた方がいいのでしょうか?

外壁に新築時に塗られている塗装は、耐久年数8~10年ほどです。なかにはもっと短いものもあります。

なぜか言うと、新築時というのは費用もかかりますので、外壁の塗装という部分にはあまり着眼できないからです。耐久年数の長いものを塗装すればそれだけ長持ちはしますが、それをやるとお家全体の値段が高くなってしまい・・

という事になってしまいます。

ですから、「ある程度のランクのものが塗装されていれば」・・・ということになってくるのです。

ですので、年数での「塗り替えの目安」といえばこの10年くらいを目安に、外壁塗装をお考えになるのがいいかと思います。

 

外壁の色あせなど? 目安とする外壁の状態とは・・・?

10年経過とともに、あるいはその前から、外壁には様々な症状が現れます。

その症状が見られたら外壁塗装を行う目安となります。

どのような症状かというと・・・

① 外壁にヒビが入る

② 色あせが起きる

③ かび、コケが生える

④ 外壁の塗料のめくれ、はがれが起きる

⑤ チョーキング(塗料の粉化)が起きる

⑥ 外壁がサイディングの場合、目地の部分(コーキング)が劣化し、裂けたり、ヒビが入ったりしている

このような現象が塗り替えの目安のサインです。

①外壁にヒビが入る(クラック)

ヒビの原因は「モルタルのやせ」か「地震などの外的要因」です。一概にそのヒビをみて何が原因かを特定するのは難しいですが、そこにヒビがあるかぎり、水がまわってしまうことにはかわりありません。早急に処置をしないとそこから水がまわり・・・放置しておけば手遅れになります。

 

 

②色あせが起きる(退色)

外壁の塗料が劣化してくるに従って、発生してくる症状です。大抵、日当たりの良い場所で起こることが多いです。

 

③ かび、コケが生える

   

風通しの良くない面(北側)、乾きづらい面、場所などに生えます。付着した汚れが落ち切らずに外壁に残り、そこから発生します。

本来、外壁塗装は外壁を防水するために施してあるものですが、この状態ですと、逆に湿気を取り込んでしまい乾きません。そして、さらにカビやこけが広がっていきます。

そのうちに外壁塗料が、その湿気のために外壁から分離、つまり、はがれてしまうという事態になります。

④ 外壁の塗料のめくれ、はがれが起きる

    

 

カビやコケなどの湿気・・・(とかく塗料は湿気に弱いんです・・・)や、考えられる要因としては、前回の塗装時の下処理の悪さです。

 

この外壁は前回の塗装時の下処理が悪く、一番左の写真のようにつまんではがせてしまいました。

真ん中の写真は、はがす工具を使用してはがしたところ、気持ちいいくらいに、こんなに大きくはがれてしまいました。そしてそれをどさどさと下に落としたのが一番右の写真です。

⑤ チョーキング(塗料の粉化)が起きる

塗料の色に必要不可欠な「顔料」。その顔料が塗料の樹脂ともに経年劣化により表面に浮き出てくる物です。

このように手でカベをなでたり、指でこすってみるとこのように手についてきます。

高圧洗浄でおおかた洗い流します。これも外壁を守る塗料の防水効果がなくなったという目安になります。

 

 ⑥ 外壁がサイディングの場合、目地の部分(コーキング)が劣化し、裂けたり、ヒビが入ったりしている

   

サイディングにはサイディング同士をつなぐのに、このように溝があり、ここにシーリング(コーキング)を入れてあります。

サイディングはモルタルの外壁と違い、板そのものにヒビが入ることはあまりありません。それはサイディング板にこのやわらかい継ぎ目(目地)があるので、ここが微細な外壁への動きを吸収してくれるからです。

ところがこのシーリングは塗装などはしておらず「むき出し」のままです。保護されていない事が多いので、暑さ寒さなどをもろに受けます。

夏の暑さや冬の寒さ・・・雨風などをうけますので、経年劣化でやがて傷んできます。

 

柔らかかったシーリングは固くなります。

そこへきて、サイディング板そのものも夏の暑さや冬の寒さなどから伸縮します。

やわらかいままなら、そのサイディング板の伸縮にシーリングもついて行ってくれますが、固くなってしまうので、サイディングの伸縮性について行けず、裂けてしまいます。

この裂けてしまった溝から、雨が侵入してしまうのです。サイディングのシーリング部分の劣化は外壁塗装の重要な目安になります。

 

なお、このシーリングを新しく充填する(打ち直しと言います)ことだけをされる方も、まれに拝見しますが、充填をする。そして違う機会に外壁塗装をする・・・と別々にやりますと、足場からしてその都度のことになりますから”2回分”かかるというわけです。

ですから、コストの事を考えると一緒にされた方がいいというわけです。

 

このように「外壁塗装の目安」ということでご紹介してきました。

築10年以上、もしくは前回塗り替えてから10から15年経過しているのなら、お住まいを一度、チェックしてみてください。

 

*参考記事*

塗装前のお悩みをこちらのページにまとめています。

 

 

あわせて読みたい! おすすめ記事!!

外壁の色で失敗しない方法?色見本だけでは×!色選びのコツを公開します!

外壁のコケ、カビ、藻の対策に漂白剤やハイターは有効でしょうか?

外壁の苔を放置してしまったら?実はコケを除去しても壁は悪くなるのはこれが原因!

コロニアル屋根塗り替えの時期間違いで大変なことに!必要性はあるのでしょうか?

 

 

無料でお見積りに伺います!お気軽にお問合せください

電話番号 042-365-1402
(受付時間 AM8:00~PM7:00)平日、土日祝日とも一緒です。
メールでの方は下記のフォームから必要事項をご記入の上、送信して下さい。

メールでのお問合せはこちら
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧