府中市在住の方の見積り作成中です!外壁塗装のお見積もりを安くするテクニックって、はっきり言って落とし穴です!

お客様の気持ち, 三商事って、こんな店, 三商事について, 外壁塗装をするに当たっての細かい事柄, 自己紹介です。上神谷裕治ってどんな人?

こんにちは!いつもお読みいただきありがとうございます。府中市紅葉丘の塗装店 三商事の上神谷{かみかべや}です。

外壁塗装を安くする….これってすごく難しいですね。もちろん、みなさん願っていることだとは思いますが。

お値段も大事ですが「実績」や「工事を担当する方や、対応をしてくれる人」や、「アフターフォロー」などを重要視した方が、良い塗り替えが絶対にできると思います。

 

「いつまでもきれいあって欲しい」

「キメの細かい対応をおねがいしたい」

「いつまでも見守っていてくれるアフターケア….」

どのこともやはり、お金や人が絡んできます。無償ではできないのですね。

 

よくネットで見かけるのですが「外壁塗装お見積を安くする方法」というのがあって..。

よく読んでみると、これはちょっと違うのでは….とおもわざる得ません。

すこし、ご紹介したいと思います。

外壁塗装お見積を安くするには….他所の業者に見積もりを見せること!

まるで「電化製品を買うよう」ですね。しかし、これは「してはいけないこと」なのです。

なぜかというと「工事の質の低下を招く」からです。

 

例えば◯◯という業者から見積もりを取ったとします。その業者の見積もりを他所の業者に見せて

「◯◯さんは、このくらいでやってくれるというのですが….おたくはどのくらいになりますか❓」と

言うと安くなると….。

 

こんなことをしたら、あとから見た業者は絶対に「それより安くできます」と言います。とにかく、仕事として

押さえておかないと….と思うからです。そして採算が合うように施工をします。

ここでいう「採算が合う」というのは、お客様の一番の利益である「一度塗ったらできるだけ長くもってもらいたい」ということは度外視しても、業者側の採算が合えばいいということです。

塗装をしたものを長く持たせるには、それなりの手間と時間がかかります。それにみあったお見積をだしているわけですから、それを業者同士、御互いが値引きをしあっていたら、どんな工事になっていくかわかりません。

電化製品を値びくのとはわけが違います。すでに出来上がっているものを販売しているわけではないのです。

そういったものでしたら、どこで買っても同じように買えますからまだ良いのですが、外壁塗装というものは違います。お客様から依頼をうけて、それから作り上げていくものです。だから、合わないとなれば「合わせてしまえる」のです。工事の内容のさじ加減でどうとでもしてしまいます。

本来の値段ではない安い値段で仕事をせざるを得ない….となれば、その値段にあわせて仕事をしてきます。お客様の利益を度外視しても自分の利益を得ないといけないからです。どんな業者も商売でやっています。ボランティアではありません。

合わなければ断る!業者はかえって注目です。

…というか、まともな業者でしたら、普通こうです。

「どう考えても、このお客様のお値段では合わないので、品質が保てません。だからお断りします。」

というのが業者、お客様双方の利益になります。合わないお値段で無理に塗り替えをして、わずかな期間で劣化がはじまってしまって….となると、お客様も悲しいでしょうし、業者も周りから「そういう工事をする業者」という見られ方をされますので、双方利益にならないのです。

そして、どうして「かえって注目」なのでしょうか?

少しご説明していきますね。

断る業者は、まず「変な噂をたてられたくない」のです。通常の値段にしろ、合わないほどの値段にしろ、あとあとすぐに不具合が起きてしまえば、あの業者はダメね!というレッテルを貼られます。

いろいろと各地を渡り歩いているような業者でしたら、そういった話も気にしないで安くやるだけやって、また違う場所へ….と行ってしまえば良いのかもしれません。ですが、例えば地元に根差してやっている業者などはそうはいきません。そういった変なレッテルが貼られれば、せっかく長年かけて築いてきた信用がなくなります。それはその業者の死活問題です。

かといって、では、そういう無理な値引きに合わせて損をしながら営業を続けていけば、今度はそのお店そのものが持ちません。これもまた死活問題なのです。

でも、合わなければ断る!と言う業者は「今まで、合わない仕事は極力せず良い物を納めてきた。だから信頼されてきたわけですし、だから業者として続けてこられた。だから選ばれても然り」という言い方もできるのです。

 

そして「断る業者が注目」のもうひとつの理由が 「仕事が潤沢にある」ということです。そのお店にとって施工可能なキャパシティーというものは違いますが、例えば、塗装業者とはいえ、お客様からお仕事をいただき、それを下請け業者が施工する場合、そういった営業塗装業者はたくさんの下請け業者を抱えています。どの下請けにも仕事を回さないといけません。

ですから、多少の値引き(本当に多少だったらいいのですが・・??です)に応じてでも仕事を数多く確保して来ないといけません。これを断ってしまったら後がない・・という営業マンも多いでしょう。

かたや「断る業者」はそういう自社が合わない値引きの要求を断っても、まだ潤沢に仕事があります。「そのお仕事がなくても他にも採算の合うお仕事があるから」断れるのです。

ですから、ご理解いただけるお客様とお付き合いしていけますから、存分に腕を振るうことができます。そうすると良い物が出来上がります。そうするとお客様は喜びますよね。そうするとまたお願いされます。そうするとお仕事が増えます。そうするとまた採算の合わないご依頼を断ることができます・・・

これの繰り返しです・・・。

実は当店は以前は前者でした・・・。ですが、本当に採算があわないものは、お断りさせていただくようにしました。ですがそれでも、受注量は一時期停滞はしましたが、すぐに持ち直して、次は増えて行くようになりました。

仕事がとれないときは合わなくても頂いていました。ですが商売の基盤が地元ですから、あとから変なレッテルをはられてしまうような仕事もできない・・仕方なく赤字になるときもありました・・。でも、今ではそういったケースもあまりなくなりました。

ではどうしたら安くなるの?

この質問の答えはとても難しいですね・・本当に。何が高くて何が安いのかは人によって違います。ただ言えるのは

「お客様が満足できるか?」ということだと思います。

「Aという業者さんで塗ってもらったけれど、いつまでもキレイで長持ちしてくれて・・・Aさんでやってよかった・・」と思えれば決して高くはないと思います。

Aという業者さんの実績をみたければ、手がけたお住まいを見せていただくのも手ですね。「塗り替えて10年経ったお家って見せていただけますか?」と聞いてみれば、あなたがその業者さんで塗った10年後が今、わかるわけですから・・・。

その上で、あなたの予算と合わなければ交渉してみるのもいいですし、それでA業者さんがお受けできないとなれば、そのときは諦めてもっと違う業者に目をむけてもいいと思いますし、あと少し時期をずらして予算の準備をしてもいいと思います。

まとめますね・・・・

・Aという業者の見積りをBという業者に見せて「Aという業者より安くお願いします」といえば、必ず安くなります。ですが、それを繰り返していると工事の質の低下を招き、結局、早々に不具合・・という形でお客様にかえってきてしまうのでこのやり方はしないほうがいいです。

・「そこまでの値引きを飲んだら、採算が合わないのでお断りします」と断る業者にむしろ注目した方がいいです。そういう業者は「アソコの業者は良くない!」と言うレッテルを貼られたくないから断るのです。採算が合わない仕事をすれば、そういうレッテル貼られてしまう可能性は大きくなるから。

・採算のあわない仕事を請けざるを得ないという状態ではない。仕事が潤沢にあるから断れる→赤字覚悟で仕事をしないから 良い仕事を納めている→だから信頼されて仕事を多く請けられる→ 断れる と言う循環になっています。

・「見積りを安くするには・・」と言う考えよりも、「満足できる塗り替えができるか」という考えでお住まいの塗り替えに臨んだ方がいいです。

今回はここまでです。お読みいただきありがとうございました・・。

 

この記事を読まれた方は、こちらの記事もお読みいただいています。

外壁塗装 塗り替えの時の足場の相場価格って?費用の目安はどのくらい?

外壁塗装の足場 家の敷地が狭い時は?組めないときは?隣家にご迷惑はかけたくないけど?

府中市での外壁塗装中です・・ニュースレターもいよいよ・・・&お客様のフォロー

あなたも無料で見積してみませんか?

電話番号 042-365-1402
(受付時間 AM8:00~PM7:00)平日、土日祝日とも一緒です。
メールでの方は下記のフォームから必要事項をご記入の上、送信して下さい。

メールでのお問合せはこちら
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧