プロフィール

 

初めまして!府中市紅葉丘の”地域密着の塗装店”三商事の上神谷 裕治と言います。

ぼくの名前、難しいですよね?大概の方は読めませんから・・でも、ここがインパクトがあってかえって良いとは思っていますけれど・・・。

こう書いて(かみかべや ゆうじ)と読みます。「かみかみや」と読みそうですが、「べ」なんです・・。難しいですよね?ちなみにひょんなご縁というか・・珍しい名前同士は引き合う・・というか・・で知り合ったのですが「かみかみや」さんも実在します・・同じ字を書きます。

名前のお話でだいぶ来てしまいましたね・・・それはそれとして・・・

 

代表してのご挨拶を・・・

昨年2016年より、義父 上神谷 三郎よりこの三商事の代表を引き継ぎました。

 

外壁、屋根などの塗装工事というのはいざしようと思っても、本当に不安な方が多いと思ってます。なかなか、この住まいの塗り替えの情報というのは、普段普通に生活していれば自然に入ってくる情報というものがほとんどないです。

なのでご不安をもたれるのは当然のことです。

ですからまずは情報発信が大事だと思っています。

今後もより一層、お客様のご不安を取り除いていくような・・・

そんな塗り替えのご案内、おすすめをしていきたいと思っています。

 

地域に根ざした営業活動を中心に従業員一同、がんばっていきたいと思いますので、どうぞ、よろしくお願いします。

 

引っ込み思案でおとなしい子でした・・・。

昭和41年(1966年)9月12日に東京の下町 荒川区でぼくは生まれました。

そして幼稚園に上がる直前で、埼玉県草加市に引越します。

幼稚園、小学校とあまり目立たない、引っ込み思案なおとなしい子だったと聞きます(本人はよく覚えていないです・・・)

ただテレビが大好きで、ウルトラマンと仮面ライダーを見て育ちました。仮面ライダーは50歳になった今でも好きで、ブログを立ち上げています。

中学、高校とぼくは当時のテレビの歌番組、バラエティー番組をみているうちに「好き」と言う気持ちからそれが「憧れ」と変わっていきます。

大学に行くことに意味を感じなかったぼくはテレビの世界に飛び込もうと、その関係の専門学校にいくことになります。そして、その業界では1位2位の会社の試験に合格し、入社することになるのですが・・・

ぼくが味わう最初の挫折

噂には聞いていた「厳しい勤務態勢」です。朝早くから夜遅くまで。深夜に家に帰ることは当たり前で、ときには帰れないこともありました。

でも、それはある程度覚悟していたことでもありましたし、それが「こういうものだ」くらいにしか気にならなかったです。激務でありながら、その仕事を覚えなければ・・・ということに必死だったんですね・・・。

ですが、それより辛かったのは「先輩たちのイジメ」でした。歌番組やバラエティー番組は撮影の待ち時間というものがあります。そこで壮絶なイジメに合うんです。

「いい大人がこんなことやってどこがおもしろいのかね・・」

そんな風に思いながら耐えていましたが、日に日にエスカレートしていくばかりのイジメにとうとうこんなぼくでも、倍くらい年の差のある先輩たちに向かって、キレてしまいました・・・。ある番組の収録中の待ち時間だったのですが、ぼくはその現場を飛び出しそのまま家に帰ってしまいました。・・・そしてそれっきりその会社には行きませんでした。(・・・でも後で退職届を提出しには行きましたけど・・・)ぼくが20歳のころのお話です。

いままで、何事もなんとなくこなしてきた自分が味わう初めての挫折でした・・・

いじめだけではなく、社会人としての「なっていない部分」の指摘も星の数ほど受け、それと同じだけおこられてきました。

「こんなにわかってなかったんだ・・・」と打ちのめされる日々でした・・。

その会社をやめてしまったぼくは公務員の試験を受けようと昼夜のアルバイトをしながら勉強をすることにしました。

それでも・・・公務員は甘くはないですね・・。見事に不合格・・要因は点数以外のところにあったみたいです・・。これは勉強してもムリだと思ったぼくは将来の当てもなくその昼夜のアルバイトを一生懸命にやるのでした・・。

生きる力と自信をつけさせてくれたのはアルバイトでした・・・

話は前後しますがテレビの世界に入る前の専門学校時代に、カラオケのスナックでアルバイトをしていました。テレビの世界をやめた後の夜のアルバイトとはこちらのことです。出戻ったわけですね。

出戻った後は、出戻る前と従業員の面子が変わっていて、経験の浅い方ばかりでした。ぼくは出戻ったとはいえ、一番ベテランだったのです。

出戻る前はぼくは一番日の浅い従業員でした。働いていると古くからの友人たちが来店してくれるのですが、決まって言われる言葉がありました。それは

「ぜんぜん似合ってないね・・・信じられない・・」です。

成績は上の下?どちらかと言えば大人しく、中学校では学級委員、高校では生徒会部活は卓球部で6年間、強くはなかったですが、まじめに取り組んできて・・

そんなぼくのイメージが水商売であるスナックの従業員と重なりづらいのは仕方ないと思います。

実はぼくも自分を客観的に見たときに、とてもできなさそう・・と思ったものでした。それでも、やってしまったのは高校時代の友人の誘いからでした。

で、やってみたのはいいけれど・・・なんとなくわかってはいたんですね。

「役に立ってない」のが・・・。接客、料理、歌・・・何もかも他の従業員がカバーしてくれてました。

そしてそのままテレビの専門学校を卒業する時がきて、テレビの世界に入るため、そのスナックも卒業・・・となったわけですが、半年で出戻ってきます。

出戻ってきてみると一番ベテラン・・・これは自分が頑張るしかないです!接客から、料理、カラオケの仕切り、片付け・・・・今度はぼくが日の浅い従業員に教えながらがんばって働きました・・・。

そして次の就職が決まったのが2年後くらいなのですが、そこでまた再卒業となります。

その何年か後にぼくはそのスナックのママさんのお嬢さんの結婚式に呼ばれます。

そこではご出席されている方々のテーブルにいき、お酌をしたりと、どちらかと言えば”従業員風”な感じでの出席でした。昔の仲間の従業員があと二人いて、同様に接客していると、ママさんのご挨拶のときに「昔の従業員がこんな形できてもらってます」というような紹介をご出席の皆様にして下さいました。その紹介が今でも忘れられないんですね・・・

「こいつは今までいた数入る従業員の中で、一番成長してくれた。従業員が手薄なあの時期(ぼくが出戻った時期)こいつがいてくれたおかげでどれだけ助かったか・・・歌の成長も一番だったし、料理もこなせるようになり、お客様受けもよくなって・・・」

本当にありがたかった・・・一番褒めていただいた・・・しかもこんなに大勢の皆さんの前で・・。

お恥ずかしいお話ですが、ぼくはとても涙もろいです。「感動屋」さんです・・・なのでその場で泣いていました。その後の打ち上げの飲み会でさんざんからかわれましたけれど・・・でも、ぼくが思わず涙したのは・・・

「だってさあ・・・」

この出来事があった以前に、ぼくの出戻る前の勤務状態を見て、ぼくをそのアルバイトに誘った友人は本当に怒られたそうなんです。

「なんで、あんなヤツ連れてきたんだ!何にも出来ないし、やろうともしないし」

友人はぼくのせいで怒られた・・・ぼくは何もできなかったし、何もやろうとしなかった・・ただいるだけの使えないヤツ・・・そういう目で見られていたんです、やっぱり・・・。口には出しませんでしたが、当時の従業員一同、本当にこう思っていたそうです・・・。

この話を聞かされているからこそ、あれを言われて本当にうれしかったんですね。よかった・・役に立つことができたんだ・・よかった・・・。ママさんもそういう当初の思いがあったからこそ、ぼくの成長を喜んでくれて、みんなに紹介してくれた・・・。

そしてまた飲んでいるその席で、お酒も入っていることもあって泣いてしまいました・・。

このカラオケスナックのアルバイトで

「人の役にたつ喜び」をはじめ、いろいろなことを学ばせていただきました。そして自分に自信をつけさせていただいたことが一番大きかったです。人間いざとなると持っている力以上の力がでるもんだ・・・あのままずっとベテランの従業員に頼っていたら、こうはならなかったと思えてなりません。

そしてここで学んだことがおおいに次の仕事に役に立つことになります・・・。

それはぼくが絶対にできないと思っていた仕事でした…

ぼくは物心ついてから「この仕事は絶対にできないな…」

と思っていた仕事が2つあります。

それは「職人」と「営業マン」です。

ぼくの父親はタイル職人です。今は年齢と仕事の少なさから引退していますが、今から30〜40年くらい前の家の風呂場やトイレなどにタイルが使われていたころは仕事があり、それこそ、朝早くから夜遅くまで頑張ってくれて、ぼくら兄妹を育ててくれました。

中学生のころ、夏休みにたまに現場に手伝いにいっていましたが、父親の仕事ぶりを見ていると「ああ、この仕事はとてもじゃないけれど、できないな…」と思ったものでした。ぼくは手先は不器用ですし、美的センスはないですし…。

それともうひとつが「営業マン」という仕事です。引っ込み思案ですし、口がうまいわけでもない、だいたい知らない人と、初めてあった人とあんなに話なんてとてもじゃないけど出来ない…。そんな風に思っていました。

けれど、カラオケのスナックのアルバイトで人とお話するということを学びました。はじめてのお客様にも気軽にお話することができるようになりました。知らず知らずのうちにここはクリアーしていたんですね。

そして、このことはまったく意識せず、生協の配達の仕事につきます。ぼくは配達だけしていればいいのかと思いましたが、生協という仕事は「営業色の強い仕事」でもありました。知らないお宅に戸別訪問して自分のお客様を増やす、あるいは自分の現在抱えているお客様にいろいろな商品をお勧めする…

もしカラオケのスナックの経験がなければ、この仕事は成り立たなかったでしょう。「人とお話しできる」という強みができていたぼくは、苦もなく、最初から初めて出会う方々にもお話できる度胸ができていました。

13年間、様々な事業所をまわり、いろいろなところを配達してきました。いろいろな方たちとも出会ってきました。しかし、そのうちに「自分の力で何かをやりたい」と思うようになっていきました。

そして35歳のときに生協を退職しました。次の仕事が今の「三商事」というわけです。

建築の仕事がどういう流れでくるのかというのは、親がタイル仕事を工務店などから頂いているのを知っていたので、なんとなくは分かっていました。だからこそ「三商事という塗装店は、工務店などからお仕事をほとんどいただかない。自分で営業を展開して仕事を発生させる」ということを聞いたときに…

実はあまり、大変だとは思いませんでした。

なぜならカラオケスナックで、また13年間生協でやっていた営業の経験があったからです。ご提供する商品が変わっても、とりあえず初めてのお宅でも戸別訪問はできる、初めてお会いする人にもお話はできる…からです。

成果はどうあれ、それができることは当時のぼくの強みでした。

そして塗装店の営業をするにあたり、現場の仕事も分かっていないと…ということで、現場にも携わるようになります。

そうです。できないと思っていた「職人」という仕事にも自然とハマっていきました…。

なに?それ・・・? 難病発症・・・!

生協で働いてる時に知り合った女性・・・・が今のぼくの妻ですが、

その妻の父上が親方です。ぼくは、結婚してこの姓になりました。そして、生協を退職して、親方の元で働くことになったわけです。特に親方の強い希望でぼくがこの仕事に就いたわけではありません。ぼくはぼく自身の手で、何かを成し遂げたい!作ってみたい!!というわけで選んだ職場が三商事でした・・・。

早い物で2017年の2月でこの仕事も丸15年を迎えます。これまでも色々な現場に携わり、様々なお客様と出会ってきました。いろいろと勉強や経験をさせていただきました。

おかげさまでぼくが15年前に仕事を始めた頃に比べて、お声をかけていただくお客様も年を追う毎に少しずつですが増えて行きました。自店で営業を展開する当店にしてみれば、これほどありがたいことはございません。お客様との直接のお取引はとてもうれしくまた尊いものでした。

・・・ですが、現場に、また営業活動にと忙しくしていたぼくにある変化が起きます・・・。この仕事を始めさせていただいてから8年目の夏でした・・。

お腹がなかなか治らない・・・

ぼくらは・・というか、特にぼくは夏の暑いさなか、現場で作業しますので水分補給は欠かせません。冷たいお茶や、ジュース・・・かえっては晩酌のビールが楽しみでした・・・お腹がそんな調子だったにもかかわらず、

「いつものこと・・・」とそのままでした。

しかし、そのうちにお腹は治るどころか、出血をしだしたんです。最初はお腹の中のことではないと思っていたのですが、どうも、お腹の中からの出血みたい・・。

これはいつものことではない・・・

さすがにおかしいと思い、病院に行き内視鏡検査。

そして先生からいわれた病名が・・・「潰瘍性大腸炎」

・・・?

・・・何ですか?それ・・・?

聞いたことのない病名でした。大腸炎というからして大腸の病気?なの?というくらいの感覚・・・あまり、重く受けとめていませんでした。

ところがこの2つのことをきいた時、事の重大さをようやく知ることになります。

・この病気になる原因は不明。今の医学では正確にはわからない難病

・完治しない。 長くつきあっていくしかない病気

治らない?そーなの?・・・

真っ先に浮かんだのは「命までは取られないでしょ?」ということ。薬を飲んでいれば、治らないにせよ、悪くはならないんでしょ?・・・と軽く考えていました。

いや、そう軽く考えないと深刻になるばかりで・・・。というのがありました。

しかし・・・命を取られはしませんが、悪くなればその命を守るために

「大腸は取られてしまいます」

潰瘍性大腸炎という病気は内科的治療に効果が見られない場合、外科的治療になります。いわゆる手術です。イメージとしては悪い部分だけとりのぞく・・というものでした。ですが、潰瘍性大腸炎のそれは悪いところだけ取り除くということせず「大腸全摘出」になります。理由は部分的に取り除いても、また違う場所から再発するからです。

2010年の8月に発症。しばらく時間が経過しますが、その年の12月に東京女子医大に入院をすることになります。

2週間の絶食治療。点滴で脂肪や出血で出てしまう鉄分を補給。それとステロイドをはじめとする治療のための薬の点滴・・・。

このときほど、たばこをやめておいてよかった・・と思ったときはありません。

そして、1ヶ月かけて少しずつ症状が改善されていきました。そしてその月末、2010年の暮れに退院することができました。入院前75キロあった体重は一番落ちて58キロまで、退院するころは少しは戻りましたが、それでも60キロくらい・・。家まで帰る電車や徒歩が辛かったです。人間、寝たきりだとこんなにも動けなくなるんだ・・・。そして、無事に2011年のお正月を家で過ごすことができました。この1ヶ月、親方や営業の長坂や職人のおかげで滞りなく、仕事はすすんでいました。ぼくは病院でニュースレターをかいていたくらい・・・本当に助かりました・・。

ですが・・・実はここからが本番だったんです・・・。

繰り返すことの恐怖・・・・

潰瘍性大腸炎は治療法が確立されていない難病。東京都も難病指定していて今、難病に指定されいてる病気の中でダントツの人数 16万人とのことです。主に若い方がなる傾向が強いそうです。原因は究明されていませんが、一番の原因とされているのが「ストレス」です。

退院してきたはいいのですが、痛切にあの言葉をかんじることになります。

完治しない・・・

良くなったと思って、ステロイドなどの薬を切っていくと・・・

また、症状が現れます。この6年間、ずっとそのくりかえしでした。それでも現場で作業をしていましたので、トイレがとても困りました。時は近くにまったくトイレがない現場も。そんなときは原付で現場に通い、それで遠くのトイレにでも駆け込めるように・・・そんなことをくりかえしていました。

そして病院から出される様々な薬・・・・ステロイドはある時期から中止になります。そのときも一旦症状が治まって辞めたわけですが、ステロイドを止めるとすぐに症状が再発しました。強い薬ですので効き目はありますが、副作用も強い。幸いにして副作用はほとんどありませんでしたが、飲み続けて良い薬ではない・・なので、もうこれ以上は・・と言う判断になったときに止めました。

免疫抑制剤もなかなかきれませんでした。こちらものみ続けていいものではありません。切ろうとすると再発、あるいは切ると再発を繰り返していました。

そして・・・

もう、これ以上それも飲ませる訳にもいかない・・・あとはもう手術しか手立てがない・・・

手術をすれば大腸がなくなります。大腸がなくなるということは消化の部分で支障をきたすだけでなく、それ以外にも弊害がでてきます。ぼくらは夏の暑さに、冬の寒さにさらされる外仕事・・・とてもではありませんが出来なくなります。

そのこともあって・・・もちろんそれだけではありませんが、

手術だけは避けたいと思いました。もう、これが効かなかったら手術という最後の手段の他にも自分でしらべてやってみました。

「出されている薬だけ飲んでいてもダメだ。どちらにしろ病院側ももう出せる薬が限られているわけだし・・・食事とか他に考えられることをやってみよう!」と調べて、サプリを扱う医療機関にいってみたり、針治療であったり・・・あとは食事を制限したり・・。

その甲斐があってか、病院側からの最後の手段の薬と、その他の試みがうまくあてはまったのか、昨年2016年の6月ごろから徐々に症状が治まり出してきました。そして、いままで止めると再発していた薬を止めても、症状がでてくることは今のところありません。

でも、これで治った訳ではありません。いつまた・・と言うこともあり得ますので・・。

潰瘍性大腸炎という病気になってから、「食事の大切さ」、「健康のありがたさ」というのが本当にわかるようになりました。食事も「とにかく何か食べればいい」のような雑な考えでしたが、今では、病気に対してあまり良くない物は避けるとか、腸を強くするにはこれがいい・・とかを考えて食べています。仕事をするにも身体は資本ですから・・・。病気では何も出来ませんしね・・・。

 

このような経緯があることと、

それと引き継いだ代表という仕事を遂行していくためにも、現場作業は前代表である親方、そして2名の職人が丁寧に心をこめて塗装させていただいております。

・・・・・・

長々と語ってしまいましたが・・・

こんなぼくですが、これをきっかけにお知り合いになれれば・・・嬉しいです。

外壁塗装、塗り替えについて、わからないことがあったら、ぜひぜひメールをください。できる限りお答えしていきたいと思います。

まずはこちらを読んでくださった方とコミュニケーションが取りたいと思っています。お見積もりはもちろん無料ですし、だいじな事ですが、その前に聞いて起きたい事がある・・というようなことでも大歓迎です!

ぜひ、ご質問、疑問を聞いて下さいね。

こちらからどうぞ→→→ メールフォームへ

投稿日:2017年1月8日 更新日:

執筆者: