大人も読むべき絵本『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』

スタッフ日記

こんにちは!府中市紅葉丘の塗装店『三商事』の長坂利昭です。

今回、私が読んだ本は『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』。

本というか「絵本」ですね。

絵本 世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ

絵本ってことは作り話?いいえ、実話です!

2012年の国連会議で行なわれたムヒカ大統領(ウルグアイ)のスピーチをベースにした絵本です。

私は恥ずかしながら、この絵本そしてムヒカ大統領のことをつい最近知ったのですが、2014年に発刊されて以来、発行部数26万部を超えるベストセラーなんだそうですね。

ただ絵本とはいえ、幼児向けではありません。それなりに文章もあり、また大半の漢字には振り仮名がふってありますが、一部の漢字にはふられていないので、小学校中学年程度からなら一人で読めるでしょうか。(我が家の小学一年生には読めない漢字がありました)

絵本(スピーチ)の内容は「楽しい話」「おもしろい話」ではありません。今を生きる私たちが直面している身近な問題がテーマであり、読んだ一人一人が「人類の幸福とは何か?」を考える内容です。そんな点からも、10歳前後からがおすすめで、大人も”読むべき”絵本だと思います。

絵本(スピーチ)の中から一部抜粋してご紹介しますが、ネットや書籍でスピーチの全文も確認できますので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

わたしたちは発展するためにこの世に生まれてきたのではありません。この惑星に、幸せになろうと思って生まれてきたのです

 

貧乏とは、少ししか持っていないことではなく、かぎりなく多くを必要とし、もっともっとほしがることである

 

社会が発展することが、幸福をそこなうものであってはなりません。発展とは、人間の幸せの味方でなくてはならないのです

 

世界が混迷している今だからこそ、読んでもらいたい絵本です!冬休みの間にぜひお子様と!!

 

『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』

編:くさばよしみ

絵:中川学

発行所:株式会社汐文社

定価:1,600円+税

 

映画「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」も公開中

絵本だけに限らず、現在、映画も公開されています。

『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』

映画 ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ

フジテレビのディレクター田部井一真さんが監督し、「ムヒカの目を借りながら、日本人の生き方を追体験すること、ムヒカという鏡に映し出された私たち自身を見つめる」というドキュメンタリー映画です。

ムヒカから発される日本に対する言葉に「そんなことまでよく知っているなぁ」「おっしゃるとおり」と驚かされるも多く、時には日本人として「耳が痛い」「反省すべき」言葉が随所に出てきます。決して、ムヒカの生き方・言葉全てが正しいとは思いませんが、逆に自分、我々日本人の生き方・言葉は正しいのだろうかと考えるきっかけとなるでしょう。

人生で一番大事なことは、成功することではない。歩むことだ。転んでも立ち上がり、再び歩むんだ。

 

作中では、ムヒカの生い立ち。ゲリラ活動の末の度重なる刑務所生活。そんな人物がどのように大統領となったのか。なぜ「世界で一番貧しい大統領」と呼ばれるようになったのか。そして、彼が日本そして日本人に詳しく、敬意を払う理由を知ることが出来ます。2016年4月に来日した際の、東京外国語大学で行なわれた講演の模様も収められていますよ。(その当時は全く知らなかった・・・。せっかく府中に来ていたのに・・・。無知だった自分を悔やむ。この時の講演は、現在でも東京外国語大学のYouTubeで見ることが出来ます。)

映画の情報はこちら。(上映場所は限られてきますが、2021年も引き続き上映されるようです)

昨今の状況で「皆さん、ぜひ映画館で見てください」と軽々しくは言えないので残念ですが、ネット配信やDVD化でより多くの方が見られる環境になれば良いなと思います。

 

こちらの記事をお読みなられた方は、こんな記事もお読みいただいています!

バイク川崎バイク著 小説「電話をしてるふり」読みました

府中市郷土の森博物館のプラネタリウムで「はやぶさ2」に会おう!

【塗装の口コミ】2回目の塗装も上神谷様と決めていました

無料でお見積りに伺います!お気軽にお問合せください

電話番号 042-365-1402
(受付時間 AM8:00~PM7:00)平日、土日祝日とも一緒です。
メールでの方は下記のフォームから必要事項をご記入の上、送信して下さい。

メールでのお問合せはこちら
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧