府中市外壁塗装の助成金として火災保険は?損保会社に聞いてみた!

その他の部分の塗装, 三商事って、こんな店, 外壁塗装, 外壁塗装をするに当たっての細かい事柄, 見積もりについて

いつもお読みいただいてありがとうございます。府中市は紅葉丘の塗装店 三商事(さんしょうじ)の

上神谷(かみかべや)です。

今回は「府中市外壁塗装の助成金として火災保険は?損保会社に聞いてみた!」というテーマです。

 

前回の記事 府中市の外壁塗装の助成金・補助金はある? 市役所に聞いてみた! でも助成金、補助金というテーマで書いてみましたが、 今回も「火災保険」という切り口で助成金、補助金にちなんだテーマで書いて行きたいと思います。

結論からいうと 「火災保険でもできるケースはありますが、注意しないといけないことがある」 です。

火災保険の適用になるケースは簡単に言うと、

「天災によって家の一部が破損した時」などになります。例えば「台風で屋根や雨樋が壊れた」とか「強風で何かが外壁にぶつかって破損した」などの場合です。

「屋根が剥がれてしまった」や「外壁が破損した」などは、修理した場合その箇所の塗装は必要となりますが、それ以外の大部分、つまり「なんでもない部分」は対象にならないことが多いわけですね。

当店ではあまりこういった「保険をつかって」という工事のケースはありません。何故かというと先にも書きましたが「風雨災害で破損した」などのケースに適用されるものですので、経年劣化でのヒビ(クラック)や色あせなどは保険の対象外ですから、そもそもの話、そういう案件は無いに等しいからです。

 

ところが最近は、この火災保険という制度を使っての勧誘もかなり増えてきているとのことで、中には「屋根塗装や、外壁塗装が火災保険をうまく使えば無料になる」のようなお誘いの仕方の業者もあります。

「外壁塗装の業者を紹介してくれるサイト」が乱立していますが、その中でも「火災保険も使える場合もあります」というお誘いの言葉が目立ちますね・・・。

 はっきり言って「火災保険を使って外壁塗装、屋根塗装が無料になる」ことはまずないです。

 

こういうのって・・?何か問題が起きていないのかな?と思い、損害保険会社にちょっときいてみたところ・・。

残念ながら、こういうお誘いの外壁塗装業者でのトラブルが多発しているのだそうです・・。

 

「外壁塗装一括見積りサイト」という「業者さんをご紹介します」というサイトでよく謳われています。もちろん、

これには良い悪いいろいろありますが、中には「保険会社に連絡するのではなく、まず業者に連絡をしてください」と謳っているサイトもあります。理由は「保険会社は基本的に、お金をできるだけ払いたくないので、お客様のメリットにはならない。それなら外壁塗装業者の連絡を先にして見てもらった方がいい。それとそういう手続きに長けている業者もあるから、通りやすい」というようなことなのですが・・

もちろん、まずは保険会社に連絡を・・と言っているサイトもあります。私が実際に損保会社に聞いてみたときも、そのような返事が返ってきました。まずは保険会社に連絡を・・とのことでした。

それと中には「業者と契約をしてから、保険会社に・・」というところもあります・・。これって?どうなのでしょうか?

 

国民生活センターにも聞いてみました。そうするとやはり下記のような相談が多発しているのだそうです・・。

 

「火災保険が使える」と誘う住宅修理契約トラブルに注意! (国民生活センターのHPへ飛びます)

「保険金が使える」という住宅修理サービスの相談が増加!  (     〃         )

 

共通して言えるのは「業者側からの勧誘」ですね。ですから、まずはこういった切り口からの・・つまり「火災保険使える」のような切り口からの勧誘には気をつけたいところですね。このような事例が公になっているわけですから・・。

 

外壁塗装の助成金として火災保険を使おう!・・・・要は「お誘い文句」です

良く言えば「きっかけづくり」ではあります。確かに「必要に迫られている・・ということが感じづらい」外壁塗装、屋根塗装ですからね。

それに外壁塗装の紹介サイトでしきりに言われていて、気になるのが「自分で自然劣化なのか、風災での劣化なのか自分で判断してはもったいない。業者に見せて判断した方がいい」といういうところです・・。

でもそれって住まわれている方でもわかるのでは?と思います。外壁に何かがぶつかって穴が空いた。それが風で何かが飛んできて・・とか、そうでないチカラで何かが飛来してぶつかって穴が空いた、ヒビができた・・・その事故前には明らかになかった穴やヒビなのですからわかるわけですし・・・。そしてそうなったらびっくりしてまずは「火災保険!」という考えは頭をよぎるでしょうから、保険会社に連絡をするでしょう・・。

もし・・塗装店の私が「このヒビ、火災保険でなんとかなりませんか?」と言われたら・・? まずは「保険会社に連絡をとってください」と言うでしょう。それが経年劣化でのヒビなのか、何かがぶつかってきてのヒビなのか? 私にもある程度は判断できますが・・。

風災でのことだとしたら・・よほど大きくて重量もあるものでないと外壁にヒビなんて入りません。それにそのように何かがぶつかってきて入ったヒビでしたら、それ相応の痕跡がヒビの回りに残ることでしょう。欠けたようなところがあるとか・・ガラス窓の周りなら、そのガラスも被害に遭っていることでしょう。窓ガラスの四方の角から、経年劣化で斜めにヒビが入る傾向がありますが、もしそういう痕跡が何もなければ経年劣化によるヒビ・・・ということになります。

保険会社さんの鑑定人もいろいろな角度からの調査をすると思います。それだけの威力でぶつかってきたのだから、何なのか?音などは・・?とか、いつからこのヒビはありましたか?とか・・保険の鑑定人でもない私が少し思うだけもこういうところを聞きたがってくるのではないでしょうか?

それとそれだけの被害ですから、地域でどのくらいそういうところがあったか?なども参考にされるかもしれません。まわりにあまり主立った被害がないのに、その家だけなんで???とか・・なりかねませんよね・・?

こういうところを保険として通すために、違うことを言ったり・・違う証拠をだしたり・・というのは私にはできません・・。もし・・まかり間違えばお客様にも、私にもペナルティーが発生することになりますから・・。

ですからヒビなどを「本当に何かがぶつかって入ったヒビ」以外は経年劣化と見なされることは多いと思います。

これが外壁に大きな穴・・とかでしたら 「穴が空いた!大変」→ 「塞がなきゃ!」→ 「保険会社に連絡」→ 「業者を呼んで塞ぐ為の見積り」→「それをもとに保険会社とやりとり」 → 「そこだけ塞ぐ・・となるとやっぱり違和感が・・」→ 「じゃあ、そこだけ違う感じになってしまうのも変なので、外壁全部塗装しちゃおう!」

・・・となるのが一般的なのでは?と思います。こんな感じで「外壁を塗装するきっかけ」にはなると思いますが、当然、全部の費用が保険でまかなえるわけはありません・・。

まとめますと・・・。

・外壁塗装や屋根塗装を「火災保険」を使ってやりましょう!という呼びかけにはまずご注意ください。

被害にあって、保険を使おうとするときはまずは保険会社にご連絡をしてください。

「まずは業者に連絡を・・」というサイトも中にはありますが、国民生活センターや、損害保険会社からも伝えられている

不本意な対応、契約などの事例がある以上、保険会社への先の連絡の方が無難でしょう。

 

・特に「直接訪問からのそのような勧誘」の場合は、注意した方がいいです。国民生活センターなどへ寄せられる相談の共通項は

そこだからです・・。

 

今回はここまでです。いつもお読みいただいてありがとうございます。

この記事を読まれた方は、こちらの記事もお読みいただいています。

府中市の外壁塗装の助成金・補助金はある? 市役所に聞いてみた!

外壁塗装 塗り替えの時の足場の相場価格って?費用の目安はどのくらい?

外壁塗装の足場 家の敷地が狭い時は?組めないときは?隣家にご迷惑はかけたくないけど?

外壁塗装お悩みの「塗装業者選び」求めていた業者が一発でわかる案外簡単な方法とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無料でお見積りに伺います!お気軽にお問合せください

電話番号 042-365-1402
(受付時間 AM8:00~PM7:00)平日、土日祝日とも一緒です。
メールでの方は下記のフォームから必要事項をご記入の上、送信して下さい。

メールでのお問合せはこちら
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧