トタン屋根の塗装~その6~ サビ止め塗ります。

屋根の塗装

おはようございます。
今朝の府中市は意外にも「晴れ」。昨日の天気予報とは違うので、どうなるの?と思いテレビをつけてみると、やはりこれから降ってくるとのことでした。・・・とそうこうしているうちにポツポツと来て・・・。
 今は止んでいますが、空は真っ暗になってきましたし、ほぼ確実に降ってくると思いましたので、今日の現場作業は中止となりました。
 ここのところ、更新が滞ってしまった、府中市紅葉丘の塗装店 三商事(さんしょうじ)の上神谷(かみかべや)です。
 何故滞っていたかといえば、ニュースレターの作成の為。ようやく発送の目処がつきました。
 (ニュースレターってなに?という方は、こちらをクリックしてくださいね)
  だいぶ長いこと書いてきましたが、「トタン屋根の塗装」の6回目になります。
 今回はサビ止めをぬります。
 
 使用している塗料は、日本ペイント「ハイポンファインデクロ」という、エポキシのさび止めです。
 以前にも書きましたが「亜鉛引き」のされているトタン屋根に、こちらはよく密着してくれるのです。
 これでないものを使っていた時期があるのですが、それだとはがれてきてしまって、ダメでした。
 まず、この「瓦棒」の脇の部分や、外壁との境の部分、その他こまかい部分を刷毛(はけ)にて塗ります。
サビトメ入れその2

 おおよそ、ローラーで、塗り勧めていきますが、この脇の部分はそれでは塗り残しがでてしまうからです。刷毛でしたらしっかり塗りこむことができます。それと、ローラーでは、かえって塗りづらい部分もありますので、そういったところも、刷毛にて塗装をしていきます。
 すべての、このような部分を刷毛で塗装してから、ローラーでの塗装に入っていきます。
 このさび止めの塗料は、非常に乾きが早いので、作業をしていて効率がいいのですが、それでも塗った直後は、乾いていないわけで、その上は歩けないということになります。
 塗る順番を考えるというか、移動の仕方を考えて塗り進めていかないと「塗ったばかりの箇所に囲まれてしまい、移動ができない」とか、「それでも移動しないといけないので、塗ったばかりの屋根を歩かなければならなくなってしまった」という事態になってしまいます。
 
 サビトメ入れ

 このようにして完成したのが上の写真です。
 次は「中塗り」に入ります。次回に続きます。
 
☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
 「塗装工事、外壁塗装など、お家の塗装について、毎月書いています
 ニュースレター おまかせください!の購読お申し込みは
 まずこちらをクリックして読んでください。
 「ウチって、そろそろ建ててから何年だっけ・・・?」「最近、訪問販売の塗装業者がよくやってくるし・・・」
「やっぱり、外壁塗装ってやった方がいいのかな・・・」
 そんなお悩みを抱えている方は、いらっしゃいませんか?
 

 そんな方はまず、こちらをクリックしてください。

無料でお見積りに伺います!お気軽にお問合せください

電話番号 042-365-1402
(受付時間 AM8:00~PM7:00)平日、土日祝日とも一緒です。
メールでの方は下記のフォームから必要事項をご記入の上、送信して下さい。

メールでのお問合せはこちら
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧