サイディングの外壁の塗装~その4~

外壁塗装

 いつも、ご覧頂ありがとうございます。上神谷です。
 
 昨日ニュースレターの発送が終りました。
 現場にいましたので、妻に代わって行ってもらってしまった・・・。
 妻も、子供の面倒で日々大変なので、頼もうかどうしようかまよったのですが、やはり頼んでしまいました。
 今週中には何とか・・・と思っていたので、本当に助かりました。
よかった・・・。
 もう到着した方もいらっしゃるようで、それを見て、ご紹介のお話思いだしたとのことで、お電話ををくださいました。
 ありがとうございました!!!
 今回はサイディングの外壁の塗装の4回目になります。
 シーリングの劣化ということを前回は書きました。
 新築時、このシーリングの部分は、ほぼ「むき出し」です。シーリングを充填してあるだけです。
 塗装や模様が最初から出来上がっているサイディングボードを取り付けるわけですから、この場合、壁面の塗装をするということは、まずありません。
 中には「塗装が施されていないサイディングボードを現場で、塗装する」という施工もあるのですが、コストの関係からか、ほとんどそのようなケースは少なくなっています。
 一見、サイディングの色と同じ色調の目地〈シーリング〉というのも見かけますが、これはやはり最初から「その色の付いているシーリング」を使用しているので、結果的には充填してもむき出しの状態です。
 むき出しということは、直に「日差しや、雨風」にもさらされることになります。
 それもシーリングの劣化の要因になるわけです。
 これに比べて塗り替えの場合、既存のシーリングの状態が無事で、そのまま使っても、また劣化がはなはだしく「打ち替え」たものにせよ、新しい塗料によって目地のシーリングは覆い隠されることになります。むき出しの状態ではないが故に、直に雨風などにさらされることはなくなります。
 今回はここまでです。ありがとうございました・・・。
 ビジネスブログランキング 応援のクリック御願いします!!!
 1位になれたんです!!! 皆様のおかげです。本当にありがとうございます!!
 これからもどうぞごひいきに、クリックの方、よろしく御願いします。

 
 
 

無料でお見積りに伺います!お気軽にお問合せください

電話番号 042-365-1402
(受付時間 AM8:00~PM7:00)平日、土日祝日とも一緒です。
メールでの方は下記のフォームから必要事項をご記入の上、送信して下さい。

メールでのお問合せはこちら
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧