サイディングの外壁の塗装~その3~

外壁塗装

 いつもありがとうございます。上神谷です。
 前回の更新から何と“2週間”・・・・。これは、かなり“ご無沙汰”してしまったなと・・・。
 この間、ニュースレターの最新号を作成していました。
 昼間は現場にいますので、これを作るのは「朝出かける前か、夜」になってしまいます。どうしても少しずつの作業になってしまうんですね。
 でも、ようやく送付できる状態になりましたので、こちらに注力できます。
 今後とも、よろしく御願いします!
 ところでニュースレターって何・・何なの?という方は
 こちらをクリックしてみてください。
 
 では、前回の続きです。サイディングの外壁の塗装についての第3回目になります。
 シーリングの断裂

 前回も登場したこの写真。サイディングの“つなぎ目”であるシーリングを充填しているところが裂けてしまっているのですが、この様に
なっているとどのような“不具合”をお家にもたらすのでしょうか・・・?
 それはこの様なところから水が侵入してくるということです
 このサイディングボードの裏には、防水のシートが貼ってあります。
それ以上は侵入はしませんが、サイディングボードそのものが「水分を染み込みやすい素材」であります。だからこそ塗装を表側に施してあるのですが、多くの場合、サイディングそのものの裏は塗装は施していません。
 サイディングボード自体にも決してこの様な状態は良くないのです。
 それと、侵入してきた水は防水シートを伝わり、やがては家の土台に行ってしまいます。
 これを長年放置していますと、土台からの腐食があるわけです。
 ヒビや断裂、伸縮による隙間の発生の他にも、この様な例もあります。
 軽くつまんだだけで・・・

 軽く指で“つまみだせて”しまいました。
シーリングの断裂したもの

 それらの「破片」です。
 それと、写真では表現しにくいのですが、
 掃くだけで・・・

 これは私達がホコリを払ったりするときに使う「ラスター」という道具ですが、これでそのシーリングの部分を“掃くだけで”ぼろぼろと
シーリングが落ちてきてしまいました。
 もう完全に“風化”してしまってます・・・。
 このシーリングの部分のチェックのポイントは
 ・指で触って“硬く”なっていないか?
 ・ヒビ、亀裂が入っていないか?
 ・裂けていないか?(その下が見えるくらいに)
 ・飛び出していないか?

 特に「日当たりの良い壁面」からこのような症状が見られます。もし、このような症状が現れていたら、塗装やシーリングの打ち直しを考えた方がよろしいかと思います。
  ビジネスブログランキング応援のクリックをよろしく御願いします!

無料でお見積りに伺います!お気軽にお問合せください

電話番号 042-365-1402
(受付時間 AM8:00~PM7:00)平日、土日祝日とも一緒です。
メールでの方は下記のフォームから必要事項をご記入の上、送信して下さい。

メールでのお問合せはこちら
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧