サイディングの外壁の塗装~その2~

外壁塗装

 いつもありがとうございます。上神谷です。
 「暗くなるのが早くなりましたね・・・」ということを先日書きましたが、徐々にですが、さらに日が短くなっていくのを感じます。
 昨日は、あるお宅の塗装工事が終了したのですが、片付けている段階で、あたりは真っ暗・・・。
 最後に、ほうきでごみなどをはいていても、あたりが暗くてよく見えなくて・・・。
 仕舞いには、車のヘッドライトで、片づけをしていました。
 やはり、だんだんと遅くまでは作業ができなくなってきますね・・・。
 では、サイディングの塗装の2回目です。
 サイディングの外壁で、傷む部分は「目地の部分」です。
 一枚一枚のサイディングのボードを、算木に止めてあるわけですが、そのつなぎ目にシーリングなどを詰めています。
 壁面はしっかりしたボードですので、ここは微妙な壁面の動きなどから、モルタル壁面のように、ヒビが入ることはまず無いのですが、その「動き」がどこへ吸収されていくかというと、「やわらかいシーリングの目地のつなぎの部分」にいくわけです。
 この部分は新築時はやわらかいのですが、時間の経過や、雨風や夏の暑さ、冬の寒さなどの外的要因から、次第に硬くなっていきます。
 やわらかいが故にその効果を発揮している部分ですので、硬くなってきますと、その微妙な動きについていけなくなります。
 そして、先ほどの外的要因から、シーリング自体も伸び縮みを繰り返し、ボードそのものも伸縮を繰り返します。
 伸縮性のなくなったシーリングに、伸縮を繰り返すサイディングボード。
 これにより、シーリングとサイディングボードのくっついている面に
 「隙間」ができてしまうのです。
 シーリングの隙間

 そして、硬くなってきたシーリングそのものも
 「ヒビが入り、やがて裂けてきてしまう」のです。
 シーリングの断裂

 この続きはまた次回とします・・・・。
 ビジネスブログランキングぜひ、応援のクリックをよろしく御願いします
 

無料でお見積りに伺います!お気軽にお問合せください

電話番号 042-365-1402
(受付時間 AM8:00~PM7:00)平日、土日祝日とも一緒です。
メールでの方は下記のフォームから必要事項をご記入の上、送信して下さい。

メールでのお問合せはこちら
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧