コロニアル屋根の塗装~その2~

屋根の塗装

 例えば前回のなかで登場したお宅を例にとりますと、壁面は7年くらい前に塗装をしています。そのときは屋根の塗装は(事情はわかりませんが>されなかったそうです。
 当然このときも足場を組んで、外壁塗装をしたわけですが、今回コロニアル屋根を塗装するとしますと、やはり足場が必要と判断しました。
 勾配がもっと緩やかなものでしたら、はしごで登っていって、屋根にそのまま乗っかり、塗装作業はできますが、勾配もさることながら、
「屋根の状態」も悪いのです。
 コケやカビが生えていますので、洗浄をするとき濡れたコケで足を取られます。
それと、塗装が劣化していますと、コロニアル屋根は非常に「ザラつき」ます。
 砂を斜面に撒いたような感じです。この「ざらざら」したものでも
足を取られます。
 しっかりした作業にはやはり、足元もしっかりしていないとおもうわけです。
 よく(命綱)をつけてやっている業者さんを見かけますが、やはりしっかりとした作業になっているのかというのは・・・?・・・だと私は思います。
 それと「費用のこと」もこのように別々にやると、少し気になるところです。
 外壁を塗装するときは足場をかけるわけですから、そのときに一緒にできるのが一番いいです。「塗装をするときに足場が必要な屋根」を別の機会に塗装するということは
 足場代が1回分余分にかかる
 と言うことになります。
 でも、これも屋根の状態、予算の関係などで、それぞれのお家で条件は変わってくるでしょうけれど。
 あくまで「ひとつの考え方」ですね。
  
 

無料でお見積りに伺います!お気軽にお問合せください

電話番号 042-365-1402
(受付時間 AM8:00~PM7:00)平日、土日祝日とも一緒です。
メールでの方は下記のフォームから必要事項をご記入の上、送信して下さい。

メールでのお問合せはこちら
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧